NEWS RELEASE

「アジアゲートウェイ1号投資事業有限責任組合」 設立のお知らせ

 三井住友トラスト・インベストメント株式会社は、3月15日 急成長するアジア市場をターゲットに、グローバル市場を目指す日本の中堅・中小企業への投資、アジア企業との提携等を目的とした「アジアゲートウェイ1号投資事業有限責任組合」を設立いたしました。

 

      

Adobe Systems

ファンド目的:

 グローバル市場に通用する商品・サービスを有する・中小企業に投資

 アジア企業との提携や現地組織の強化を促し、販路の拡大、商品の現地化のハンズオン支援を行うことにより更なるアジア事業拡大を実現しながら、企業価値の向上を目指す。

 日本の技術、財政、経営基盤を原動力とし、急成長のアジア市場を攻める。

 

投資対象:

 地域:主として日本、一部アジア

 業種:電子部品、自動車部品、産業機器、医療機器、ITサービス、医療サービス、グリーン・クリーンエネルギー関連機器・素材・サービス

 

ファンド総額: 12億円

 

運営者: 三井住友トラスト・インベストメント株式会社

 

主要LP: 中小企業基盤整備機構 三井住友信託銀行 滋賀銀行

 

海外支援:

 三井住友トラスト・インベストメントの海外ネットワーク、海外VC・PE・事業グループのネットワークによる現地パートナーの紹介、事業投資調査、

海外展開計画策定等

 

ファンド設立日: 2013年3月

 

 

 

 

 

ASIA GATEWAY I, L.P.

“ROAD TO ASIA-CENTRIC GLOBALIZATION”


Fund Purpose:

 

 Investment in Japanese SMEs with established products and services appropriate for the global market.

 

 The fund will support investee companies with arrangements of international partners, marketing, product localization.

 

 Japanese SME’s competitive strength in technology, finance and management will be leveraged for Asian market penetration.

 

Fund Size: 1.2 billion JPY

 

Fund Manager/GP: Sumitomo Mitsui Trust Investment Co., Ltd.

 

Investors: SMRJ, Sumitomo Mitsui Trust Bank, Shiga Bank

 

Fund Establishment: March, 2013

 

 

SMRJ: The Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, Japan

Copyrights 2012 SUMITOMO MITSUI TRUST INVESTMENT CO., LTD. All right reserved.